専門外来

糖尿病治療

当院は内科全般の医療を提供させていただいておりますが、中でも糖尿病に力を入れております。糖尿病は日本全国で約950万人、予備軍を含めると約2000万人にも及ぶ国民病です。糖尿病を放置することによって起こる失明、足切断、透析などは本人、家族の人生において大きな損失となるばかりでなく、医療費の異常な高騰を招くため、糖尿病治療を患者さんに啓蒙することはわれわれ糖尿病専門医の急務となっております。しかし糖尿病は自覚症状がほとんどないのが特徴であるため、なかなか通院、治療をする意欲が湧きにくいのも止むを得ないかと思います。そこで、なぜ糖尿病を治療しなければならないのか、放置しておくとどうなるのか、ということを十分ご理解いただくことが治療意欲の向上に不可欠だと思います。糖尿病治療は医師が関与する部分はわずかであり、ほとんどは患者さんの自己管理によるものです。それだけに患者さん自身が糖尿病とうまく付き合っていこうという意欲が大切です。また、私個人的な考えとして、糖尿病治療は全ての患者さんに画一的なことを行うべきではないと思います。その方の年齢、ライフスタイル、家族構成、周囲の環境、人生の価値観などいろいろなものを総合してその方に合った治療を選択することが大切と考えます。糖尿病治療は長期に渡って行われるものであり、主治医が厳しすぎて、一時的にコントロールが良くなっても、通院をするのが憂鬱になり、途中で中断してしまうようだとそれこそ本末転倒です。私は、糖尿病患者さんに対して血糖コントロールを良くすることは専門医として最低限必要なことですが、そのためには、いかに通院を苦痛なく続けていただくかが更に重要なことと考え、患者さんとうまくコミュニケーションをとれるよう、日々努力しております。

当院の糖尿病治療は専門性を生かし、以下のことを行っております。

  1. 糖尿病パンフレットの無料配布
    私が作成したもので院内に置いてあります。糖尿病患者さん以外の方にもご自由にお持ち帰りいただいております。
  2. 合併症の検索
    糖尿病性合併症の検索を初診時に行い、合併症がある患者さんは程度に応じ、他科(眼科、腎臓内科など)に速やかに紹介します。
  3. 外来でのインスリン注射導入
    インスリン注射導入は、以前はだいたい入院しておこなわれておりました。しかし、多忙で入院できない患者さんも多いため、当院では入院をせずに外来でインスリン注射を指導しております。また自己血糖測定器も貸与し、自宅での血糖測定も指導しております。
  4. 測定時間1分のHbA1c測定機器を使用
    過去1~2か月間の血糖の平均値を表わすとされるHbA1cを1分間で測定し、リアルタイムに血糖コントロールを把握することにより、糖尿病治療に大きく役立っています。

あなたの町の糖尿病専門医はここで検索できます。

日本糖尿病学会ホームページ

気管支喘息

当院では開院以来とても数多くの喘息患者さんが通院されております。喘息とはさまざまな原因で気道炎症、気道過敏性が生じ、気管支が収縮して呼吸困難をきたす病気です。日本で年間に2000人以上もの喘息患者さんが喘息発作で亡くなっています。

しかし、喘息治療は吸入ステロイド、長時間作動型ベータ刺激薬の登場により、発作の頻度を劇的に減らすことが出来るようになりました。

喘息発作でお悩みの患者さんは、ぜひ一度御来院下さい。

Copyright (C) 2015 こすもす内科医院 All Rights Reserved.

ページの先頭へ